スミアキブログ

Premiere Pro

【Premiere Pro】会話をしている時は音量小さく、会話をしていない時は音量大きく、バックミュージックを自動で調節する

【Premiere Pro】会話をしている時は音量小さく、会話をしていない時は音量大きく、バックミュージックを自動で調節する

会話に合わせてバックミュージックの音量を自動調整する方法を解説します。

 

会話しているクリップを選択して”エッセンシャルサウンド→会話”をクリック。

次に、バックミュージックのクリップを選択して”エッセンシャルサウンド→ミュージック”をクリック。

 

 

ダッキングにチェックを入れて、
会話クリップに対してダッキング“をチェック(吹き出しマークのところ)。

キーフレームを生成“のボタンを押すと完了です。

 

 

出来上がりです。
このようにバックミュージックのクリップが、
自動でキーフレームを使って音量調節されます。

会話クリップが、話していない時はバックミュージックの音量が大きくなり、
話している時はバックミュージックの音量が小さくなります。

 

補足:
感度→会話に対して、どのくらいの反応感度でダッキングするか。
ダッキング適用量→バックミュージック全体の音量調整。
フェード→バックミュージックの音量が上がったり下がったりする時のフェードの割合。

関連記事

Pick Up